• ホーム
  • 淋病の症状は男女で異なります

淋病の症状は男女で異なります

淋病とは、淋菌への感染により起こる性感染症のことを言います。
性感染症には多様な種類がありますが、性的接触によって感染する病気として定義されており、普通の性器の接触による性交だけではなくオーラルセックスやアナルセックスなども含みます。
淋病もその一つの種類にあたり、性的な接触で感染するすべての感染症が該当します。

淋菌性尿道炎は男女共に感染するものですが、淋菌が感染する場所によって、男性では尿道炎、女性では子宮頸管炎や骨盤内炎症性疾患(PID)を主に起こします。
男性の淋病で代表的なものは尿道炎です。
尿道炎になると尿道の違和感や排尿時の痛みが出始め、尿道から分泌物が出てくるなどの症状が出現します。

治療しないで放置すると、炎症が広がって陰嚢の中にある精巣上体にまで拡大すると精巣上体炎を起こします。
こうなると、片側の陰嚢が大きく腫れ上がり痛みを伴います。
炎症が強ければ歩くのも難しいほどになります。
これに対し、女性の淋菌感染症の代表的なものは、男女で異なり、男性に比べて尿道炎が少ないことです。
女性では、子宮頸管炎、骨盤内炎症性疾患(PID)、肝周囲炎がよく起こります。

また、妊娠・出産に関わる危険性も伴うこともあります。
淋菌感染したまま出産した場合、母子感染による新生児の肺炎が発症する危険性もあります。
子宮内膜炎や卵管炎などの症状では、不妊などにも影響を及ぼしてしまいます。
感染している粘膜と粘膜が接触することで感染することから、近年女性に多いのはのどへの感染です。
これは、女性は、オーラルセックス(フェラチオ)によって淋菌がペニスを介して喉の奥の粘膜に感染するためです。

のどへの淋菌感染も無症状が多く、まれに扁桃腺が腫れるなどの軽い症状が出る程度です。
そのため自覚症状が無く、自分で感染に気付くのが非常に難しいのが現状です。
感染したまま別の人と性交渉があると、感染を拡大させかねないのです。
性交渉の際は、常に性感染症へのリスクを念頭に置いて常識ある行動を心がけることが大切です。

淋病の治療は抗生物質で行なうことが一般的

淋病などの症状が現れると、ウミなどの分泌物がたくさん出るようになり、細菌がどんどん繁殖している状態になります。
できるだけ早い時期に注射薬で抗生物質を治療する必要があります。
飲み薬だけで治そうとすると、耐性淋菌感染症や、慢性前立腺炎といったなかなか治らない病気に進展してしまう危険があります。
注射は、腕への静脈注射かお尻への筋肉注射が一般的です。

主に淋病治療に使われている抗生物質には、セフトリアキソン(静脈注射)とスペチクノマイシン(筋肉注射)の2種類があります。
淋病の治療において、確実な効果が見込める上に保険が適用される薬は、これらの2薬のみとなっています。
治療は基本的に注射を1回打つだけになるため1日で治療は終わります。

しかし、淋菌の感染が進行し、淋病の症状が悪化してしまった場合には、治療期間が延びる事もあります。
注射や点滴による治療以外にも、飲み薬(抗生物質)が処方される事もあります。
また、併せて治療効果を高めるために飲み薬が処方されることもあり、主にはアジスロマイシンを主成分としているものが処方されています。
淋病は非常に感染力の高い性病の一つであり、高い確率で感染者のパートナーも淋病に感染していることが予想されます。

特に女性の場合は、淋菌に感染しても淋病の症状が自覚できずに、そのまま感染を見落としがちになってしまいます。
カップルの一方だけが治療を受けて、淋病を完治させたとしても、もう一方のパートナーが治療しなければ、また感染してしまい悪循環が生まれてしまいます。
再感染率も高く、再び感染してしまうことも懸念されるので、お互いに淋菌をうつし合うことにならないように常に細心の注意を払うことを心がけることが大切です。

関連記事