• ホーム
  • 日本では性病感染を防ぐコンドームの使用率が低い

日本では性病感染を防ぐコンドームの使用率が低い

日本では性行為時に男性がコンドームを使用しない場合が多く、女性がピルなどを飲んで避妊対策を行っている場合があります。
避妊対策にはピルもある程度は有効ですが、コンドームよりも薄れます。
また性病にどちらかが感染していた場合、コンドームの使用率が低いと感染する確率も必然的に高くなります。

性病については通常の性行為のほか、肛門性交や口膣性交でも感染する場合があり、性病によっては感染初期に自覚症状が出ない場合があるため知らず知らずのうちに色々な方に感染させてしまってる事もあります。

性病に感染しない方法は性行為をしない事ですが、これが無理な場合は性行為時にコンドームを使用すると大幅に確率を減らす事ができます。
この他に予防接種もある程度は感染確率を減らす事が可能です。

性病に感染してしまうと治療にそれなりの時間とお金がかかります。
簡単な治療だけで治るものもありますが性病の種類によっては命に関わる場合もあるため、基本的にはコンドームを着けずに性行為をするのはおすすめできません。

結婚して子供を作るためにコンドームなしで性行為をする場合はやむを得ませんが、それ以外の遊びでの性行為ではコンドームは必須です。
日本でコンドームなしで性行為をする主な理由は、コンドーム無しの方が特に男性側が気持ち良さを感じる事ができるからですが、その代償で後の人生で大きな性病に感染してしまったら非常にもったいないです。

昔と違い今の日本ではよほど重大な性病にかからない限り治療は可能ですが、一時の楽しみのために自分だけならともかく周囲にまで感染させてしまったら、周囲が気付いたとき恨まれてしまう恐れもあります。
何をする場合もそうですが、何かあったときの事を事前に考えて予防する事は非常に大切です。
予防をせずに物事を始めると問題が生じたときに慌てなければならなくなり、対処が遅れれば遅れるほど解決もできなくなります。
事前の予防さえきちっとしていれば、何かの時に簡単に対策がとれます。

コンドームをつけないで行なう性行為によるリスク

コンドームをつけないで性行為をすると、妊娠のリスクと性病に感染するリスクが存在します。
結婚して子供が欲しくてコンドームをつけない場合は後者のリスクだけになります。

日本では特に若者のコンドームの使用率が落ちてますが、遊びで性行為をする場合は常に2つのリスクを頭に入れておく必要はあります。

妊娠のリスクについては、ピルなどで代用は可能ではありますが、コンドームの使用の方がはるかに妊娠する確率を減らせます。
望まぬ妊娠を女性がしてしまうと、育てられないからという理由で中絶してしまう場合がありますが、この行為は女性の後の人生を大きく狂わせてしまう可能性があるため、子供が欲しくない場合は絶対にコンドームの使用は必須です。

性病のリスクについては、いつどういう時になるか分かりません。
ただし男女のどちらかが性病に感染している状態でコンドームなしで性行為をするとほぼ感染します。
この性病に感染している状態というものが初期段階では分からない場合が多いため危険です。
自分が性病にかからないためにもコンドームは必要ですが、相手に移さないためにも必要です。

日本でも大都市に行けば風俗店があるなど、今の時代は遊びで性行為を気軽にできるようになっています。
性行為でストレス発散したり、カップルの場合はお互いの愛情を確かめあうために性行為をする場合も必然的にありますが、常に裏にあるリスクを考えリスクに対する予防を未然にし、万一の事態が発生しないようにする事が大切です。
予防しても何らかの原因で防げない場合もあるため、万一の事態が発生した場合はどうするかを先に話し合ってきめておくと、対処が容易になるため慌てずにすみます。
何種類か予防の方法がある場合、2種類以上の方法を併合することでさらにリスクを軽減する事ができます。

関連記事