• ホーム
  • 性病は検査キットを使えば自宅で検査可能!

性病は検査キットを使えば自宅で検査可能!

性行為を介して感染が広がるのが性病です。
性病にはたくさんの種類がありますが、性器周辺の強いかゆみや湿疹などの症状で気づくということが多く見られます。
しかし、病気の自己判断というのはとても難しいです。
きちんとした診断を受けないと自分が性病であるかどうかは分かりませんし、治療方法も変わってきます。

性病の検査は病院や保健所に行けば行うことができますが、恥ずかしいという気持ちが強く出てしまい、なかなか足が進まないということが多いようです。
病院や保健所では医師や看護師が血液を採取したり、性器周辺の菌を検査することで高い正確性を持って、どの病気であるかということを判別することができます。

病院に行かなくても検査できる方法があれば、恥ずかしい思いをしなくて済むでしょう。
そのため、最近では自宅で簡単に使うことができる検査キットが登場しています。
検査キットはインターネットなどで申し込むと自宅まで届きます。
中には詳しい使い方が書いている説明書など必要なものがすべて揃っています。

このキットは、ひとつの性病だけでなく、いくつかをまとめて検査することも可能です。申し込む際に選びましょう。
キットの中には自分で簡単に血液を採取することができる器具が入っています。
注射のようなものではなく、誰でも使うことができるように工夫された器具です。
採取した血液を送り返せば性病の検査をすることができます。送り返す際の送料は無料なので安心です。

返送されたキットは検査機関でひとつずつ精密に検査されます。
結果は自宅まで送られてくるので、病院などに行く手間はありません。
自分で扱うキットはきちんとした結果が出るのか不安になる人もいますが、高い正確性があるので安心して使うことができます。
分からないことがあれば電話などで問い合わせができるサポート体制ができています。
結果はすぐに送ってくれるので、自分の状態を早く知りたいという人にも役立つでしょう。

性病検査における保健所、病院、検査キットの特徴比較

性病検査は保健所、病院、キットと3つの方法があります。
それぞれの特徴を理解しましょう。
まず、1番すぐに思い浮かぶのが病院です。
医師と話しながら診断できるので、性病だと分かったらそのまま治療に入ることができます。
検査費用はかゆみなどの自覚症状があれば健康保険が適用されるので、それほどかかりません。
検査する病気が多ければ多いほど費用は高くなります。

保健所は無料で検査をすることができます。
けれども、すべての性病の検査ができるわけではないので注意が必要です。
扱っている病気の種類は場所によって異なり、自分がかかっている性病ではない病気しか調べることができないケースもあります。
そうすると、せっかく行ったのに必要とする検査が受けられなくなってしまいます。

検査キットは自宅にいながらにして検査をすることが可能です。
病院や保健所ではスタッフと顔を合わせなければいけないので、恥ずかしい気持ちが出てしまいますが、キットならそのような心配はありません。
自分で疑わしい病気のチェックができるメリットもあります。
しかし、申し込んでからキットが届き、自分で血液を採取して返送するという手間はかかります。
血液を採取するのに抵抗を感じる人もいるでしょう。

このように、性病の検査というのは自分でどうやって行うかを選ぶことができます。
忙しくて病院や保健所に行く時間がないからキットを使うという選択肢もあるでしょう。
自分の生活リズムなどに合わせて選ぶことで正しい結果を得ることができます。
自分が性病だと認めるのは勇気がいることです。
もし自覚症状があればすぐに検査をしましょう。
パートナーなどに感染させてしまう原因になるので、治療も必要です。

関連記事